一般診療からインプラント、ジルコニア治療、口腔外科ならもり歯科(兵庫県姫路市)

ワイヤー矯正とセラミック矯正の差とは|もり歯科(兵庫県姫路市)

セラミック

セラミック矯正とワイヤー矯正の主な違いを紹介します|姫路市

歯の矯正方法としては「セラミック矯正」と「ワイヤー矯正」がメジャーです。
まずは、このセラミック矯正とワイヤー矯正の主な違いを紹介していきます。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い1:治療期間

「治療期間」はセラミック矯正とワイヤー矯正の大きな違いの一つです。

セラミック矯正であれば長くても3カ月くらいで終わります。

しかし、ワイヤー矯正の場合は短くても1年、長引けば3年程度の期間を要します。
しかも、その間4~8週間に1回くらいは通院しなければなりません。
また、ワイヤーを使わなくなってからも、「歯の逆戻り」を防止するために、「リテーナー」という装置を装着しなければならず、この装置を1年以上外せない場合もあります。

以上のように両者の治療期間には天と地ほどの差がありますが、
精神面で考えても「セラミック矯正=少し頑張れば終わらせることができる」「ワイヤー矯正=かなりの根気が必要である」という違いがあるかと思います。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い2:違和感や痛み

まず、ワイヤー矯正に関しては、矯正中に痛みを覚える可能性が高いです。
ワイヤーによって歯を動かしますから、どうしても痛くなってしまうことがあるのです。

それでもずっと痛みに悩まされ続ける事はまずありませんので、ご安心ください。
ただ、「装置の調節をして、しばらく経過してから」くらいのタイミングで痛みを感じ始め、1~2日程度は「ストレスを感じるレベルの痛み」が消えない場合がありますが、長くても1週間くらいで痛みがなくなるケースがほとんどです。
しかし、装置の調整はたびたびしなくてはなりませんから、その都度痛みを覚えることになる恐れがあります。
ちなみに、装置が唇や口内に触れる事が原因で口内炎などに見舞われる恐れもあります。

一方、セラミック矯正についても治療が完了してから痛みを覚える可能性があります。
ただし、数日経てば痛みが消える場合が大半です。
ワイヤー矯正とは違い、「調整するたびに痛みが出る恐れがある」ということはありません。

※セラミック矯正についてもワイヤー矯正についても、痛みが非常に強かったり、長期間痛みが消えなかったりする場合は、矯正を担当してくれている姫路市の歯医者に相談しましょう。何らかの異変が起きている可能性もあるので、放置するのは良くありません。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い3:どの程度の歯列矯正ができるか

もともとの歯列によってはセラミック矯正ができない場合があります。
正確に言えば「一応矯正はできるものの、完了しても綺麗な歯並びにならない」という事になります。

一方、ワイヤー矯正の場合は、どのような歯列であってもほぼ間違いなく矯正することができます。そのぶん時間がかかるわけですが、セラミック矯正では対処できない歯並びを修正できると考えれば、大きなメリットであると言えるでしょう。

「どのような歯並びならばセラミック矯正で対処できるのか」というのは、歯医者によって異なりますので、希望する方はセラミック矯正に特化した姫路市の歯科医院を探すべきかもしれません。
ただ、もちろん、カウンセリングなどで「ワイヤー矯正しかできません」と言われたら、その時点で断るということもできるので、ご安心ください。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い4:歯が戻るかどうか

ワイヤー矯正は、「長期間かけて歯を移動させる手法」です。
そのため先ほども少し解説しましたが、矯正が完了してから歯が戻っていってしまう可能性があります。

一方、セラミック矯正は「邪魔な歯を削ったり神経を抜いたりしてから、セラミックを被せる手法」ですから、そもそも歯を移動させません。そのため、歯並びが戻っていくこともありません。

ただし、セラミック矯正だからといって完了後に必ず歯が戻っていくわけではありません。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い5:歯を削るかどうか

セラミック矯正の場合は、ほぼ間違いなくある程度歯を削ることになります。
そうしないとセラミックをつけることが叶わないため、歯の状態に関係なく削る場合があります。「健康な歯を削る」という事が嫌なのであれば、ワイヤー矯正をすることをおすすめします。
ただ、「歯を削ったとしても、セラミックを装着するのだから問題ない」という考え方もあるかと思います。

一方、ワイヤー矯正でも歯を削る可能性はありますが、あまりあることではありません。ただ、もともとの歯列によっては削ったり歯を抜いたりしてからでないと、きちんと矯正できない場合があります。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い6:神経を取るかどうか

セラミック矯正を行う場合は、神経を抜く可能性があります。
歯の神経は栄養を運んでくれますから、それを抜くことで歯の耐久性が下がる恐れがあります。また、新陳代謝が発生しなくなり、抵抗力も落ちますから、虫歯になりやすくなります。

そして神経を取るため、その部分については痛みが発生しなくなります。
これによって、「ある程度エスカレートしてからでないと、異変(虫歯など)を自覚できない」という状態になってしまう恐れがあります。

一方、ワイヤー矯正であれば神経を取ることはまずありません。

セラミック矯正にもワイヤー矯正にも言えることですが、無駄に歯を削られたり神経を抜かれたりすることのないよう、実力のある姫路市の歯医者に依頼することが大事です。

セラミック矯正とワイヤー矯正の違い7:ブラッシングのしやすさ

ワイヤーをつけますから、その部分のブラッシングが行いにくくなります。
ワイヤー矯正期間中のブラッシングに関しては、姫路市の歯医者で正しいやり方を教えてもらうことをおすすめします。
そして、できる限り改善しましょう。

セラミック矯正とワイヤー矯正の料金相場について|姫路市

セラミック矯正の料金相場は歯1本につき10万円前後です。
これだけ聞くと安く思えるかもしれませんが、セラミック矯正は基本的に複数本行うことになりますからかなりのお金がかかる可能性が高いです。
歯12本をセラミック矯正する場合は、トータルで100万円を超えてもおかしくありません。

ですが、ワイヤー矯正に関しては数年かけて最後まで行っても合計で60万円前後となる場合が多いです。

ただ、セラミック矯正にもワイヤー矯正にも言えることですが、値段については「歯のコンディション」「歯の本数」「歯科医院としての考え方」などによって大きく差が出ることになります。
ですから、「ワイヤー矯正のほうが絶対にお得」「必ず○円以内で済む」などとは思わないようにしましょう。

詳しい値段については、姫路市の歯科医院でカウンセリングを受けるときなどに聞いておきましょう。

ちなみに歯医者の料金については、クレジットカードでの分割支払いができる場合があり、対応している歯科医院であれば、それほどまとまったお金を準備する必要なないと言えます。

また、「デンタルローン」と呼ばれる歯科治療専門のローンもありますので、必要に応じて調べてみましょう。ただし、デンタルローンを使うと手数料などが発生して、通常支払いよりも多くお金を払うことになるかもしれません。
そして、ローンと言うくらいですから、審査に落ちる可能性があるということも覚えておきましょう。